So-net無料ブログ作成

菅首相提案の財政健全化協議、野党は否定的(産経新聞)

 野党各党は11日、菅直人首相が所信表明演説で財政再建に向けた与野党による「財政健全化検討会議」の設置を呼びかけたことついて、一部の党を除いて否定的な反応を示した。

 自民党の谷垣禎一総裁は「自民党が提出している財政健全化法案をすぐにでも通す対応はあり得るのではないか」と述べ、検討会議は不要との立場を示した。た。公明党の山口那津男代表は「自分の責任を棚に上げ、『赤信号を皆で渡ろう』と言っているように聞こえる」、新党改革の舛添要一代表は「(民主党の方針が)首尾一貫していない」とそれぞれ批判した。また、みんなの党の渡辺喜美代表は「増税の前に(歳出削減など)やるべきことがある。増税の相談には応じられない」と却下した。

 ただ、たちあがれ日本の与謝野馨共同代表は「各党が話し合える素地が民主党の方にもできたのではないかと思う。当然協力しなければならない」と述べた。

【関連記事】
財政再建の前進を阻む…菅首相と財務省のビミョーな関係
ボロボロだけど…勝てば“菅”軍7・11向け進撃開始
「イラ菅」炸裂 就任4日目で我慢の糸プチッ
平田氏、首相の目標50議席では「ダメだ」
所信表明演説 「反省」なき現実路線
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

<菅首相>「元気が出た」…出身地の山口・宇部を訪問(毎日新聞)
「素晴らしく、見飽きない星」=毎日リハビリ、体調は万全―野口さん、米で会見(時事通信)
米軍ゴルフボール飛び出し、防衛相に対策要請(読売新聞)
武蔵大入試でミス、追加合格者におわび20万円(読売新聞)
<常用漢字>196字追加 いつから入試に?国語辞書は変わる?(毎日新聞)

辺野古決着「激しく失望」=鳩山首相を非難―福島社民党首(時事通信)

 社民党の福島瑞穂党首は28日夜、閣僚を罷免された後、党本部で記者会見し、米軍普天間飛行場移設問題に取り組む鳩山由紀夫首相の姿勢について「自然への冒涜(ぼうとく)だと言いながら(沖縄県名護市)辺野古(移設案)に戻ったことに激しく失望している」と厳しく批判した。
 福島氏は、政府の対処方針への署名を拒否した理由について「沖縄を裏切ることはできない。沖縄の人たちにこれ以上犠牲を押しつけることに加担することはできない」と説明。さらに「言葉に責任を持つ政治をやらなければならない」と語り、こうした考えを首相に伝えたことを明らかにした。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜鳩山首相、「県外」守れず陳謝〜
【特集】米国海兵隊兵器総覧〜沖縄に配備されているのは?〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜小沢氏、再び不起訴=検察審が再審査へ〜

土壌汚染の除去費用は土地の買い手負担 最高裁で逆転判決(産経新聞)
職質のコツを伝授、若手育成の現場=同行ルポ(読売新聞)
米有識者56%「中国が重要」=「日本」は36%、四半世紀ぶりに逆転―外務省調査(時事通信)
私立から府立高へ転入制度、橋下知事「大賛成」(産経新聞)
ライター 安全大使に「弘道お兄さん」(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。